日本ロボット学会

日本ロボット研究開発の歩み

年表サイトへ

「日本のロボット研究開発の歩み」制作のねらいと編集方針

日本ロボット学会ロボット研究開発アーカイブ実行委員会
委員長 高西 淳夫

日本ロボット学会は,この度ロボット研究開発アーカイブ「日本のロボット研究開発の歩み」を制作し公開致しました.これは,西暦2002年に学会創立20周年記念行事として編纂したDVD版「日本のロボット研究の歩み」を礎として,日本の優れたロボット技術を収集して後世に残すことをねらいに,論文全文とともに動画などの閲覧や検索を多様かつ簡便にできるようにしたものです.

この「日本のロボット研究開発の歩み」に収録し,記録にとどめるのにふさわしい顕著な業績を選定するうえで基本方針を以下のように定めました.

(1)技術は論文の形で公表されて、初めて社会共有の知的財産となります.したがって原則として論文の形で公表されているものを収録対象業績としました.

(2)ロボット技術の定義は簡単ではなく,どこまでさかのぼって業績を収集するかが難しいのですが,本アーカイブではコンピュータ制御をキーテクノロジーととらえています.この観点から,最初の知能ロボットとして,1970年に公開された電子技術総合研究所および日立中央研究所のロボットをとりあげ,それ以降の技術の流れを記録することとしました.ただし,これ以前の研究からも特に優れたものは掲載しています.

(3)最新の研究・開発業績については、論文発表や世間への公表をきっかけに評価が定まったと考えられるものを逐次追加更新していく予定です.

(4)旧日本ロボット学会論文賞,日本ロボット学会誌論文賞,Advanced Robotics Best Paper Award受賞論文,旧技術賞及び実用化技術賞は基本的に全て掲載しています.これは新しい業績でも,学会として公式に評価選定されたものだからです.

(5)アカデミアの研究成果と共に企業の研究・技術開発は製品としてロボット技術を支えており,技術の発展に対し大きく貢献しています.企業活動上の制約などから論文になっていないものもあります.そこで企業の研究開発については,論文として公表されていなくても優れたものを積極的に収録・掲載しています.

年表サイトの使い方

数字をクリックすると説明が表示されます。

1

1論文一覧

クリックするとカテゴリ毎の論文一覧が表示されます。論文名をクリックすると、論文の詳細ページに遷移します。

2

2論文検索

キーワードを入力してエンターキーをクリックすると、検索結果が表示されます。検索結果をクリックすると論文の詳細ページに遷移します。
検索対象は、論文タイトル、論文本文、著者名など、全てのテキストデータが対象となります。

3

3年代ナビゲーション

クリックすると年表の該当エリアにスクロールします。年代表示エリアにマウスオーバーすると出現します。

4

4年表エリア

年表はドラッグで自由に動かすことができます。

5

5論文記事

論文記事は関連する論文同士がラインで結ばれています。論文記事をクリックすると、論文詳細が表示されます。対応する論文PDFや関連論文等は、詳細記事で参照できます。
また、各論文記事にマウスオーバーすると、関連する論文記事がハイライトされます。各テクノロジーの関係や歴史を感じてください。

編集著作物としての本サイト「日本のロボット研究開発の歩み」の著作権は一般社団法人日本ロボット学会に属し,これに含まれるコンテンツの元データの著作権はデータを提供した投稿者もしくは投稿者の属する組織に属します.第三者による本サイトの画面もしくは掲載されたコンテンツのデータの無断複製利用を禁じます.